• 血圧に注意

冬は感染症と血圧に注意

01/15/2020|0 Comments

冬の健康管理が大切な理由には、いくつかの冬特有の病気の存在があります。それが感染症と血圧で、特にこの2つが原因による体調不良は他の季節よりも圧倒的に起きやすいのです。 インフルエンザや風邪 ではまず冬に気を付けたい感染症は?という部分から見ていきます。代表的なものとしては、やはりインフルエンザや風邪が挙げられるでしょう。風邪は年中引く可能性のあるものですが、空気が乾燥すると喉や鼻の粘膜が弱り菌が侵入しやすくなります。また夏の風邪は発熱や下痢などの症状も多いのですが、冬の風邪は鼻水や咳になって現れやすいです。つまり周囲からもこの人は体調が悪いというのが目に見えますので、エチケットなどをより強化していく必要があるでしょう。 そして最も厄介なのが、インフルエンザです。そもそもインフルエンザの菌は気温が低く乾燥した環境が大好きなため、春から秋に比べると一気にその話題を聞くようになります。それでいて感染力が強く、そろそろ警戒しなければと思った矢先にすぐ流行を迎えるのも特徴です。仮に予防接種を受けてもそれは感染しないことを保証するものではないので、油断せず徹底した対策はしておかなければなりません。 もしインフルエンザになってしまうと、単純な症状の苦しさだけが自分を悩ませるわけではありません。先述のように菌の感染力が強く飛沫感染もするため、最低でも1週間近くは不要な人との接触を避ける必要があります。仕事や学校にも行けず、無理にでも行ったら迷惑行為になるのです。症状が治まっても数日間は体内に菌が残り続け、その間も接触を避けなければなりません。この拘束力も、インフルエンザの怖さと考えておくべきでしょう。 うがいが基本 こうした怖い感染症対策は?と問われると、手洗い、うがいが基本中の基本です。手洗いは薬用石鹸などで丁寧に行い、うがいも出来ればうがい薬を使った方が安心です。加えて外出先から帰った後は、早めに着ていた服も着替えた方がいいでしょう。インフルエンザの菌は、条件次第で服などに付着した状態でも感染力を維持することがあります。せっかく手洗いをしてもそこを触ればまた手に付着して、リスクが上がるわけです。ですから可能なら上着だけでも早めに脱いで、洗濯カゴに入れてしまいましょう。 室内を適切な温度や湿度で保つことも、非常に重要です。特に湿度のことですが、大体60%前後に保っておくと菌の増殖を大幅に防ぐことが出来ます。室内温度は20℃前後を意識し、ストーブやエアコンで上手に調節出来ると理想的です。 次に、血圧についても触れておかなければなりません。冬に血圧が上がる理由には、寒さへのストレスが関係しています。人の身体は寒さを感じるとストレスホルモンを出し、それが血管を収縮させます。血管が収縮すると血圧が上がるので、日頃から低血圧な人でも高血圧と言われる数値まで上がる危険性があるのです。 また寒い外と暖かい室内の行き来でも、血圧が大きく変化します。このことで注目すべきがヒートショックで、中でもお風呂でのヒートショックに注意するのは言うまでもありません。裸になって寒い浴室に入ったり、入浴して温まった身体で寒い脱衣所に戻ったり、そうした経緯から血圧が急上昇しショック状態に陥ります。若者でもなる可能性は十分にあるため、警戒しておくに越したことはありません。 しかしその対策については簡単で、要はお風呂と脱衣所などの寒暖差を減らせばいいのです。脱衣所に暖房器具を置いてもいいですし、なるべく早朝や深夜の気温が低い時間の入浴を避けても効果はあるでしょう。経済的に余裕があれば、思い切って断熱改修の工事を行う人もいます。とにかく室温の差が減ればリスクも軽減出来ますので、手軽に出来ることから始めていけば問題ありません。

  • スマホ依存

スマホ依存症の症状・治療法

01/13/2020|0 Comments

日常生活のツールとなったスマホですが、使いすぎると依存症になる可能性があります。 その為、度が過ぎる使用は依存症になりますので、スマホの使用を控えてチェックをする事が大切です。 まずスマホの使用を控えてチェックする場合には、スマートフォンを使用していない時間を確認しましょう。 依存症になっている場合には、数時間程度でも精神的に落ち着かなくなりますので、注意が必要です。 うまくコントロールする ここで、きちんとコントロールをする事ができれば問題は有りませんが、コントロールができない場合には依存症になっている可能性が高いので、治療をすることを考えなければいけません。 スマホ依存の治療法は?主に原因の解決をすることが大切です。多くの場合は、仕事や勉強によるストレスから依存症になっている事があります。適度なストレス解消法を見つけることで、ストレスを解消することができます。 特に業務内容にプレッシャーが大きくかかる様な仕事の場合には、注意が必要です。 ストレスが大きくかかるので、その逃げ道として手放す事が出来なくなります。 日常生活のツールとなったスマホですが、多くの時間を使うようになる度が過ぎる使用は依存症になりますので、ある程度の管理を行うことが大切です。 自分の気持ちのオフオンを上手く切り替える様に行うことで、依存症から脱却する事が出来ます。いつも手元にないと不安を感じるようになると依存症の兆候になりますので、スマホの使用を控えてチェックをするようにしましょう。 スマホの使用を控えてチェックをする事で、客観的なデータとして見ることが出来るようになります。 まずは病院の受診を 一日触らない日があっても問題がない場合には良いですが、自分自身を上手くコントロールする事が出来ない場合には、病院に受診をする必要が出てきます。精神的な物が大きいので、出来るだけ自分をコントロールして依存症を防ぐことが大切です。度が過ぎる使用は依存症になりますので、休日の時には友人と遊びに出かけたり、家族と共に過ごすなどの時間を使い方を考える必要があります。自分ひとりだと直ぐにスマートフォンを触ってしまうことが多くなりますが、誰かと一緒に居る時間を作ることで、気が紛れる様になります。 寂しさを感じることも少なくなりますし、一緒に遊ぶことでストレス発散にもつながる状態です。 適度に一人の時間を作ることも大切ですが、それだけですとストレスを抱え込むことにもなりますので、出来るだけ人と会う時間を増やしましょう。 日常生活のツールとなったスマホは孤独を埋めるために活用される方も居られますが、度が過ぎる使用は依存症になります。集中力も散漫になりますし、使いすぎる事によって仕事などにも支障が出てくる恐れがあります。 しなければ行けないことを先送りにしてしまうと、信用も無くなりますし、精神的にもよく有りません。 自分の中で優先事項を決めて、仕事は行う必要があります。 周りの意見を聞く 自分自身でも自覚がない場合もありますので、無自覚の場合には、周りの意見に耳を傾ける事も大切です。 客観的な視点でアドバイスを貰うことも出来ますし、自分を見つめ直す事で度が過ぎる使用を控えることが出来るようになります。 スマホの使用を控えてチェックも定期的に行うことで、より自分自身を自覚することが出来るようになります。 普段から使用している時間を確認してからスマホの使用を控えてチェックする事で、実際に依存症になっているのかどうか判断をする事が可能です。 多くの方が利用をしているツールになりますので、気づきにくい物にはなりますが、依存症になってからでは遅いので、日頃から自分自身で気をつけるようにしてセルフチェックを行うようにしましょう。

  • 11月に多い病気と予防

11月に多い病気と予防

11/27/2019|0 Comments

11月に多い病気といえば、インフルエンザとノロウイルスです。これらにかかってしまうと仕事に行けなくなってしまったり、変苦しい期間を過ごさなければいけなくなってしまいます。今回はその二つの病気についての知識と、予防方法についてご紹介して参ります。 インフルエンザの症状は風邪とどう違う インフルエンザは風邪と紛らわしいですが、風邪の場合喉の痛みや鼻水くしゃみ咳が多く全身症状が少ないのが特徴です。全身症状とは例えば倦怠感やだるさや食欲不振といったことですが、インフルエンザのように発熱も重症化することが少ないのが、普通の風邪の症状。38°以上立ったり頭痛や筋肉痛、倦怠感が急速に同時に現れるようなことがあればインフルエンザの方を疑った方が良いでしょう。 予防接種の基礎知識について理解しておこう インフルエンザで仕事を休まなければいけなくなってしまうようなことを防いだりするためにも、予防接種をしっかりと受けるようにするのがおすすめです。完璧に防げるというわけではないですが、予防効果が高く期待できることは間違いありません。毎年流行るであろうウイルスの形を予想して作られるのですが、その予想がしっかり当たらなくても良質のワクチンであればしっかり予防できますし、社会全体に広がってしまうような事を仕ことができます。感染する確率を少しでも下げるために使う、というような認識を持っておくのが良いでしょう。流行る時期は11月から4月くらいまでですので、11月中には受けておくことが理想的であり、ワクチンの効果によって、インフルエンザウイルスから体を守れる期間は大体2週間後から5ヶ月程度とされているので、できるだけ早めに病院に行くようにしましょう。 ノロウィルスの症状は具体的にどのようなものか 乳幼児から高齢者まで幅広い年代層において、ノロウィルスは発生する可能性があります。ウイルス性の感染症です。長期的な免疫にならないため、何度もかかってしまう怖さがあると言えます。小腸の上皮細胞でウイルスが蔓延すると、運動神経の低下や麻痺が伴い腹痛や下痢吐き気嘔吐といった症状があります。発熱も37から38°と経度ではありますが少しあり、腹部膨満感といった症状が起こります。水溶性の下痢症状があったら、疑いましょう。 ノロウィルスの感染経路はどのようなものがあるか。 感染ルートとしては食品からや人の手から感染っていくという二つに分かれます。カキといった汚染されたものを十分に加熱せず消毒が甘い状態で食べてしまったりすることになります。カキの管理は最近はとても厳しくはなってきていますが、冬場は旬を迎えて食べる機会も増えるので、十分に注意するようにしましょう。それからヒトからヒトへの感染も起こりえます。接触感染や嘔吐物の飛沫が乾燥して空中に浮遊し、それを吸い込むことによっても感染ってしまう可能性がゼロではないのです。 ノロウィルスの3つの予防はいったいなにか 予防としては、食べ物をしっかりと加熱するということがまず一つ目の予防として言えるでしょう。とにかくノロウイルスは熱に弱いので、その活性を失わせた状態で食べると言うように気をつけることです。また予防のために必要なのは、便や吐物をしっかりと処理すること。わずかにでもウイルスが残っていると感染源になるので、汚物で汚れてしまった下着や寝具は慎重に扱い熱湯で消毒した方が良いでしょう。それから三つめの予防方法としては、トイレの便座や手すりのみならずドアノブや冷蔵庫の取っ手、エアコンのフィルターからも感染する可能性があるので、よくその消毒をこまめに行っておくことです。

  • 目の愛護デー

10月10日は目の愛護デー

10/28/2019|0 Comments

10月10日は目の愛護デー 10月10日は目の愛護デーです。日頃パソコンやスマートフォンなどで目を酷使することが多い現代人にとっては、常日頃から目をいたわる気持ちを持っていることが非常に重要ですが、10月10日は特にその気持ちに注意をして様々な効果的な方法を行うことを意識したいものです。この日にちなんで全国で様々なイベントも開かれているため、これらに積極的に参加しながら観に関して様々な知識を学ぶことも非常に良いものとなっています。 目の愛護デーの意味は、10月10日のそれぞれの数字を横にすると人の顔の目と眉に見えるからと言うことで、この日を目の愛護デーにしたと言う説が有力です。非常に単純な理由ですが、そのようなことで日頃酷使している女をいたわることを意識する日が設けられたことが非常に良いこととなっています。 目の愛護デーの由来 目の愛護デーの由来は、1938年に失明予防の運動で10月10日視力保存デーと定めたのが始まりです。その後1938年から1944年までは、日付を変えて9月18日を目の記念日としていましたが、1947年に再度10月10日に目の愛護デーと定めたことにより、これが現在まで続いているのです。 目の愛護デーでは様々な目の疲れを癒すための方法や、視力を回復するための方法などがイベントで紹介されることも多くなっています。その中でも最近皆でできる方法と注目されているのが、簡単な運動による目の疲れの取り方です。これはイベント等でもみんなで行うことができるので非常に人気が高まっており、様々な会場で実現されています。 その方法は非常に簡単で、まぶたを片方ずつ上下させて目の周りの筋肉をリラックスさせるウインクの運動や、視線を上下左右に動かし目の筋肉をストレッチすることで緊張を増やす運動などがあります。目の疲れや視力減退の原因はパソコンやスマートフォンなどにより視線が固定することにより筋肉が固まってしまうことによることがわかっており、これを解してあげることが非常に有効な方法となっているのです。 ただし視力が悪くなってきた場合や、ものの見え方に違和感を感じる場合には眼科検診の必要性を考慮しなければなりません。視力は加齢や健康状態などによっても変化するものであるため、眼科検診を受けることによりその原因を明確にすることができます。そのため目の愛護デーには無料で簡単な眼科検診を行うところも多く、これで違和感を感じたのになどは眼科医による検診を勧められることもあるため、病気の早期発見をすることが出来るのも非常に良い機会となっているのです。

  • 食中毒

秋に気を付けたい病気

10/22/2019|0 Comments

秋に気を付けたい病気 食中毒が秋に起こりやすい原因とは 秋の季節に特に気を付けたい病気の一つが「食中毒」です。実は食中毒は10月が一番多い統計が出ており、秋の行楽や運動会、お祭りといった野外で調理をしたり、野外で食事をする機会が多いことが食中毒の原因といわれています。 食中毒の予防方法としては、手には様々な雑菌が付着しているため、調理や食事の前、残った食品を扱う際には十分に手を洗うことが重要です。 風邪・花粉症に注意しよう 秋は免疫力の低下時期といわれ、気温や湿度が高い夏は夏バテを起こしやすいです。9~10月の秋の季節になると夏バテを引きずり免疫力や体力が低下している方は少なくありません。特に温度差で体調を崩しやすくなるため、夏の生活スタイルをそのまま続けていると風邪や花粉症にかかってしまう方が多い傾向にあります。風邪と花粉症の症状の違いは目と鼻の症状にあり、花粉症は風邪よりも目に症状が強く出て目のかゆみや充血が起こります。花粉症と風邪はどちらもくしゃみの症状がありますが、風邪の場合鼻水は黄色く粘り気を持っています。 ぜんそくにも注意と対策方法をチェック 秋は気温が低下しやすいことや湿度も低下するため、空気の対流が十分に行えずに汚れた空気が地表付近に停滞しやすい傾向にあります。そのため屋外に長時間いる場合や、部屋の窓を開けたままでいるとぜんそくの症状が出やすくなるといわれています。対策としては、定期的な水分補給やマスクの使用が効果的です。 うつの症状に注意と対策方法をチェック 秋の季節は夏に比べて日照時間が短いため、太陽の光を浴びる時間が少なくあります。人間は陽の光を浴びると「セロトニン」というやる気を出すためのホルモンを生成しますが、陽の光を浴びる時間が減ることでセロトニンが減少し、うつの症状が起こりやすくなるといわれています。 秋うつの対処法としては、意識的に陽の光を浴びることが大切となるので、遮光カーテンなどを自宅の窓に使用している場合は、あらかじめカーテンを開けて寝たり、遮光率の低いカーテンに交換することをおすすめします。他にも毎日の適度な運動や食事の見直しを行うことで、セロトニンが分泌されやすい体つくりを心がけることも大切です。 白内障にも注意と対策方法をチェック 秋の行楽日和は登山やハイキングなどに出かける方も多いと言われていますが、紫外線量が多くなるピークは5月~9月とされ、秋の季節も紫外線によるダメージを受けやすい時期でもあります。そのため秋は紫外線による白内障のリスクが高まる危険があり、帽子やサングラスで紫外線を予防することが大切です。

  • エアコンの温度調整

9月の体調管理

09/14/2019|0 Comments

  9月になると、夏から秋に季節が変わっていくため気温の変化も激しくなります。夏の間は30度を超えていた毎日でも、突然25度ぐらいに気温が落ちることも考えられるでしょう。この場合には、まず体調管理として「冷え」に注意することが必要になります。冷えにより風邪を引く可能性が高くなるためです。冷えから身を守るためには、体を十分に温めることが重要です。 エアコンの設定温度調整 特に、気にしておかなければならないのはエアコンの設定温度調整です。夏の間は部屋の中の気温や部屋の外の気温も高いため、ある程度低めに設定しておいても問題ありませんでした。この場合には、8月までの設定温度よりも1度から2度ぐらいは高くしておく必要があります。ただ、9月になってからも30度以上の日が続くことも考えられるでしょう。実際に、9月の段階で35度以上を記録することも近年では珍しくなくなりました。そうすると、毎日の天気と気温を気にしておかなければいけません。眠っているときには特に風邪をひきやすいため、眠っている場合に急激に外気の気温が下がり、部屋の気温も下がることを想定して、体を温められるように毛布などを一つ用意しておくのも風邪をひかないための準備と言えます。 エアコンの風 また、昼間の場合にはエアコンの風をずっと浴びていることにより風邪を引いてしまうこともあり得ます。例えば、オフィスで仕事をしている人は自分で勝手に温度調節をすることはできません。一つの部屋の中には、同じ温度でも寒いと感じる人と暑いと感じる人がいるからです。特に女性の場合は、冷え症の人が多いため上半身を冷やさないための対策を立てておきましょう。冷える部分の保温をすることで、風邪をひくことを避けることができるようになるはずです。 自律神経の乱れ 次に、気温が変わることから「自律神経の乱れ」に注意しなければなりません。自律神経が乱れてしまうと、精神的に不安定になってしまう傾向があります。人間は、2種類の自律神経を持っており、一つは交感神経といいます。交感神経は、比較的緊張している場面で発揮される神経の一つです。例えば、会社に行くときに満員電車を使う場合や会社の中などでも交感神経が働いていることが多いです。 これに対して、副交感神経と呼ばれるものもあります。これは、リラックスしている時にこの神経を使っている傾向があるといえるでしょう。例えば、帰宅した場合などがこれに該当します。また、自宅の部屋で夜眠る場合にも交感神経が働いているといえるでしょう。人間は、自律神経のバランスによって体調を調整している部分や脳を調整している部分があります。もしこれが狂ってしまうと、うつ病などにかかってしまうこともありますので注意が必要になるでしょう。 適度な運動 これを防ぐためには、適度な運動をすることが必要になります。適度な運動をすることにより、血行を改善し神経が整う可能性が高いです。適度な運動とは、ウォーキング・ストレッチなど比較的軽いものがよいです。これを継続的に続けることで、自律神経のバランスをとることが可能になります。自律神経のバランスをとるためには、セロトニンと呼ばれる物質を体内で高めておくことが大事です。このセロトニンは、朝起きた時に太陽光を浴びることで吸収することが可能になります。結果的に、交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれるでしょう。 それ以外には、ぬるま湯・半身浴がキーワードになります。ぬるま湯で半身浴の状態でお風呂に入ると、気分がリラックスし自律神経のバランスをとりやすいです。 最後に、食事の心得を見ておきましょう。バランスがとれたものを食べることは大事ですが、毎日バランスを考える必要はありません。基本的に、1週間のトータルでバランスが取れていれば問題ありません。