冬の健康管理が大切な理由には、いくつかの冬特有の病気の存在があります。それが感染症と血圧で、特にこの2つが原因による体調不良は他の季節よりも圧倒的に起きやすいのです。

インフルエンザや風邪

ではまず冬に気を付けたい感染症は?という部分から見ていきます。代表的なものとしては、やはりインフルエンザや風邪が挙げられるでしょう。風邪は年中引く可能性のあるものですが、空気が乾燥すると喉や鼻の粘膜が弱り菌が侵入しやすくなります。また夏の風邪は発熱や下痢などの症状も多いのですが、冬の風邪は鼻水や咳になって現れやすいです。つまり周囲からもこの人は体調が悪いというのが目に見えますので、エチケットなどをより強化していく必要があるでしょう。
そして最も厄介なのが、インフルエンザです。そもそもインフルエンザの菌は気温が低く乾燥した環境が大好きなため、春から秋に比べると一気にその話題を聞くようになります。それでいて感染力が強く、そろそろ警戒しなければと思った矢先にすぐ流行を迎えるのも特徴です。仮に予防接種を受けてもそれは感染しないことを保証するものではないので、油断せず徹底した対策はしておかなければなりません。

もしインフルエンザになってしまうと、単純な症状の苦しさだけが自分を悩ませるわけではありません。先述のように菌の感染力が強く飛沫感染もするため、最低でも1週間近くは不要な人との接触を避ける必要があります。仕事や学校にも行けず、無理にでも行ったら迷惑行為になるのです。症状が治まっても数日間は体内に菌が残り続け、その間も接触を避けなければなりません。この拘束力も、インフルエンザの怖さと考えておくべきでしょう。

うがいが基本

こうした怖い感染症対策は?と問われると、手洗い、うがいが基本中の基本です。手洗いは薬用石鹸などで丁寧に行い、うがいも出来ればうがい薬を使った方が安心です。加えて外出先から帰った後は、早めに着ていた服も着替えた方がいいでしょう。インフルエンザの菌は、条件次第で服などに付着した状態でも感染力を維持することがあります。せっかく手洗いをしてもそこを触ればまた手に付着して、リスクが上がるわけです。ですから可能なら上着だけでも早めに脱いで、洗濯カゴに入れてしまいましょう。
室内を適切な温度や湿度で保つことも、非常に重要です。特に湿度のことですが、大体60%前後に保っておくと菌の増殖を大幅に防ぐことが出来ます。室内温度は20℃前後を意識し、ストーブやエアコンで上手に調節出来ると理想的です。

血圧に注意

次に、血圧についても触れておかなければなりません。冬に血圧が上がる理由には、寒さへのストレスが関係しています。人の身体は寒さを感じるとストレスホルモンを出し、それが血管を収縮させます。血管が収縮すると血圧が上がるので、日頃から低血圧な人でも高血圧と言われる数値まで上がる危険性があるのです。

また寒い外と暖かい室内の行き来でも、血圧が大きく変化します。このことで注目すべきがヒートショックで、中でもお風呂でのヒートショックに注意するのは言うまでもありません。裸になって寒い浴室に入ったり、入浴して温まった身体で寒い脱衣所に戻ったり、そうした経緯から血圧が急上昇しショック状態に陥ります。若者でもなる可能性は十分にあるため、警戒しておくに越したことはありません。
しかしその対策については簡単で、要はお風呂と脱衣所などの寒暖差を減らせばいいのです。脱衣所に暖房器具を置いてもいいですし、なるべく早朝や深夜の気温が低い時間の入浴を避けても効果はあるでしょう。経済的に余裕があれば、思い切って断熱改修の工事を行う人もいます。とにかく室温の差が減ればリスクも軽減出来ますので、手軽に出来ることから始めていけば問題ありません。