場所別 カビ・ダニ対策

カビやダニは健康を害するものですが、取り組み方次第で対策を行うことができます。
基本的には通気を良くして、湿気を溜め込まないようにするのが効果的です。

キッチン

キッチンは水を使う場所ですから、水滴が飛び跳ねたら拭き取って速やかに乾かしましょう。
特に、壁紙や木材はカビの温床になりやすいので、注意して対策する必要があります。

お風呂

お風呂場は入浴後に浴槽のフタを閉めたり、水で壁や床の汚れを洗い流し、換気扇を回すのがベストです。
石鹸カスや垢などはカビのエサですから、なるべく速やかに洗って落とすことが大切です。
部屋では定期的に窓を開けたり換気扇を回し、空気を入れ替えるのが基本です。
皮膚から剥がれ落ちた角質やフケはカビ、ダニの栄養になるので、掃除機を掛けてまめな清掃で埃を溜め込まないことが大事です。湿気もカビやダニが好みますから、梅雨時など雨が続く場合は、エアコンの除湿機能や除湿機を使って湿度を下げましょう。

寝室

ベッドまわりは、敷きっぱなしの布団や汚れた寝具が問題ですから、天気の良い日に布団を干したり、定期的にシーツやカバーを替えるのが正解です。
布団を干すのが難しい時でも、壁に立て掛けるなどして敷布団やマットレスの床面を通気してあげると、カビやダニの発生が抑えられます。寝具のまめな清掃を心掛けると部屋をあまり汚さずに済むので、ベッドまわりの埃汚れも小まめに取り除きましょう。

しかし、一番効果的なのはやはり通気で、乾いた空気で除湿を心掛ければ、カビ・ダニは増えにくくなります。
勿論、通気を心掛けつつ、まめな清掃で各場所を綺麗に保つのが最も理想的です。
ゴミ箱を洗う、ぬいぐるみを減らして埃の発生を抑えるなども有効です。