暑さから身を守るには-地球温暖化

近年地球温暖化などの影響もあり、真夏日には度々ニュースで取り上げられる事故・病気の一つが熱中症です。熱中症は病状がひどい場合、命を落としてしまうケースもあるため、特に暑い日には充分な対策を講じることが大切です。熱中症の予防法や対策方法などを詳しく解説していきます。

熱中症とは

そもそも熱中症とはどのような症状なのかといいますと、暑さが原因で体の体温調節機能に狂いが生じてしまい、身体に様々な障害が生じる症状のことをいいます。
人間の体には外の暑さや寒さに影響を受けず、常に体温を一定に保つ体温調節機能が備わっています。夏場にはよく汗をかくのは体温調節機能が正常に働いている結果なのです。しかし気温の急激な変化や紫外線などの影響で自律神経屋が乱れ、ナトリウムや水分の調節機能などが正常に働かなくなってしまう結果、めまいや吐き気など身体に不具合が生じるのです。

熱中症時の応急処置ですが、風通しの良い日陰など涼しい場所に移動し、楽な姿勢で水分補給をします。なお水分補給をする際には水だけではナトリウムが不足してしまうことが考えられるため、スポーツドリンク等適度に塩分が補給できる飲み物を摂取するのがおすすめです。スポーツドリンクがない場合には水に塩を一つまみ加えたものでも大丈夫です。

熱中症は主に炎天下の屋外で長時間過ごすことで発症してしまいますが、冷房のきいた部屋と暑い屋外を頻繁に行き来することでも生じてしまいます。冷房が効き過ぎの部屋に長時間いると血管が収縮してしまい体温調節機能の働きが鈍くなってしまいます。これを冷房病というのですが、冷房病の予防法としては冷房の設定温度を27度前後とやや高めに設定しておくことが一番の対策方法と考えられます。

室内の設定温度を適切に設定する以外の冷房病の予防法ですが、冷房の風を直接体に当てないようにする、シャワーだけでなく湯船に浸かるようにする、温かいスープなどを飲んで体を温めるなど、体を冷やすすぎないように心がけて生活することが有効と考えられます。

日焼け・紫外線対策

夏場は太陽光が強く紫外線を浴びるケースが多くなります。紫外線は熱中症だけでなく皮膚病や老化、シミの原因にもなるので適切な対策を講じることが重要です。
効果的な紫外線対策ですが、外出時には日傘や防止を活用したり、日焼け止めクリームなどを利用するのが簡単で効果的なのでおすすめです。加えて木綿やポリエステルなどの生地がしっかりとした洋服を着ることでも紫外線から肌を守ることができます。

紫外線は今後ますます強くなっていくことが懸念されます。特に男性や小さな子どもに対しては紫外線対策がおざなりになりがちですが、今日では小さな子どもでも利用できる日焼け止めクリームがありますし、男性向けの日傘や日焼け止めクリームなども充実しています。真夏の暑さや紫外線から健康を守るためにも、暑さや紫外線を楽観視せず、丁寧に対策を講じる用にしましょう。