近年では気温が異常に上昇して、寝苦しい夜が続くようになりました。夏は暑いものだと思っていても、その暑さが尋常ではなく毎日気温に関するニュースがテレビで取り上げられています。暑くて眠れないだけならまだしも、最悪の場合就寝中に熱中症になってしまいそのまま死亡するケースが増えてきています。

体を冷やして体を休ませる

一昔前はここまで気温が上がらず、扇風機を回したり窓を少し開けるだけで対応ができていましたがもはやそれでは物足りなくなってきました。そこで、どうすれば真夏にしっかりと睡眠がとれるのかその対策について説明していきます。真夏の睡眠で最も大切なのは、エアコンをつけて部屋を冷やすことではなく室温と体温調節がカギなのです。人間は、体温が下がることによって体が休息するようになっています。そのため、快適に眠りにつくためにはそれまで部屋をしっかりと冷やし休息状態を作り出すことが必要なのです。そして、体温が上昇するにつれて目覚めるようにもなっています。この時点で、室内をエアコンで冷やし続けていると体温が上昇することが妨げられてしまいスッキリと目覚めることができなくなってしまうのです。

このような事態を避けるために効果的なのが、エアコンのタイマー機能です。夜はきちんと冷やして、起きる時間の少し前にタイマーを使って自動で電源が切れるようにしておけば体温上昇を妨げることなく自然と体も目覚められるわけです。最近では、エアコンと電気代の関係も明らかになってきたことから朝までエアコンをつけっぱなしという人も多くなっています。

しかし、中にはエアコンの風を受けすぎるとだるくなってしまうという人が多いのも実情です。そこで、エアコンを使って体温調節を上手く行うために効果的なのが長そで長ズボンで朝までつけっぱなしというのがおすすめです。足を冷やしてしまうと体全体に悪影響を及ぼしてしまいかねませんので、体を冷やし過ぎないように工夫をしてスッキリと目覚めるようにしましょう。

直接体に風邪をかけない

さらに、体に風をあてないことも大切です。直接体に風をあてたほうが涼しいのは当たり前ですが、そうすると睡眠の質が落ちてしまうという研究結果も発表されています。部屋が狭く、どうしてもあたってしまうという場合には風よけカバーが発売されていますので購入すると良いです。扇風機の首振り機能もそうですが、できるだけ風をあてないというのがエアコンメーカーでも大切にされていることです。とにかく暑さから解放されて、涼しい方が眠りやすいということも事実なのですが寝た後は起きるという行為がつきまといます。快適に睡眠ができても、朝起きたときに汗でびっしょりしていては不快に感じてしまいます。

高齢者は

高齢者は、体温変化が少なく気温の変化にも気が付きにくいと言われています。そのため、若い人がなぜエアコンをつけないのか、と疑問に思うこともあるかもしれませんがその際には温度計などで気温を教えてあげてエアコンを適切に使用することを勧めるようにしましょう。

 

淡路明人の健康ブログ
淡路明人のITブログ
淡路明人の不動産ブログ
淡路明人のオリンピックブログ
淡路明人の不動産ブログ