秋に気を付けたい病気

食中毒が秋に起こりやすい原因とは

秋の季節に特に気を付けたい病気の一つが「食中毒」です。実は食中毒は10月が一番多い統計が出ており、秋の行楽や運動会、お祭りといった野外で調理をしたり、野外で食事をする機会が多いことが食中毒の原因といわれています。
食中毒の予防方法としては、手には様々な雑菌が付着しているため、調理や食事の前、残った食品を扱う際には十分に手を洗うことが重要です。

風邪・花粉症に注意しよう

秋は免疫力の低下時期といわれ、気温や湿度が高い夏は夏バテを起こしやすいです。9~10月の秋の季節になると夏バテを引きずり免疫力や体力が低下している方は少なくありません。特に温度差で体調を崩しやすくなるため、夏の生活スタイルをそのまま続けていると風邪や花粉症にかかってしまう方が多い傾向にあります。風邪と花粉症の症状の違いは目と鼻の症状にあり、花粉症は風邪よりも目に症状が強く出て目のかゆみや充血が起こります。花粉症と風邪はどちらもくしゃみの症状がありますが、風邪の場合鼻水は黄色く粘り気を持っています。

ぜんそくにも注意と対策方法をチェック

秋は気温が低下しやすいことや湿度も低下するため、空気の対流が十分に行えずに汚れた空気が地表付近に停滞しやすい傾向にあります。そのため屋外に長時間いる場合や、部屋の窓を開けたままでいるとぜんそくの症状が出やすくなるといわれています。対策としては、定期的な水分補給やマスクの使用が効果的です。

うつの症状に注意と対策方法をチェック

秋の季節は夏に比べて日照時間が短いため、太陽の光を浴びる時間が少なくあります。人間は陽の光を浴びると「セロトニン」というやる気を出すためのホルモンを生成しますが、陽の光を浴びる時間が減ることでセロトニンが減少し、うつの症状が起こりやすくなるといわれています。
秋うつの対処法としては、意識的に陽の光を浴びることが大切となるので、遮光カーテンなどを自宅の窓に使用している場合は、あらかじめカーテンを開けて寝たり、遮光率の低いカーテンに交換することをおすすめします。他にも毎日の適度な運動や食事の見直しを行うことで、セロトニンが分泌されやすい体つくりを心がけることも大切です。

白内障にも注意と対策方法をチェック

秋の行楽日和は登山やハイキングなどに出かける方も多いと言われていますが、紫外線量が多くなるピークは5月~9月とされ、秋の季節も紫外線によるダメージを受けやすい時期でもあります。そのため秋は紫外線による白内障のリスクが高まる危険があり、帽子やサングラスで紫外線を予防することが大切です。