10月10日は目の愛護デー

10月10日は目の愛護デーです。日頃パソコンやスマートフォンなどで目を酷使することが多い現代人にとっては、常日頃から目をいたわる気持ちを持っていることが非常に重要ですが、10月10日は特にその気持ちに注意をして様々な効果的な方法を行うことを意識したいものです。この日にちなんで全国で様々なイベントも開かれているため、これらに積極的に参加しながら観に関して様々な知識を学ぶことも非常に良いものとなっています。

目の愛護デーの意味は、10月10日のそれぞれの数字を横にすると人の顔の目と眉に見えるからと言うことで、この日を目の愛護デーにしたと言う説が有力です。非常に単純な理由ですが、そのようなことで日頃酷使している女をいたわることを意識する日が設けられたことが非常に良いこととなっています。

目の愛護デーの由来

目の愛護デーの由来は、1938年に失明予防の運動で10月10日視力保存デーと定めたのが始まりです。その後1938年から1944年までは、日付を変えて9月18日を目の記念日としていましたが、1947年に再度10月10日に目の愛護デーと定めたことにより、これが現在まで続いているのです。
目の愛護デーでは様々な目の疲れを癒すための方法や、視力を回復するための方法などがイベントで紹介されることも多くなっています。その中でも最近皆でできる方法と注目されているのが、簡単な運動による目の疲れの取り方です。これはイベント等でもみんなで行うことができるので非常に人気が高まっており、様々な会場で実現されています。

その方法は非常に簡単で、まぶたを片方ずつ上下させて目の周りの筋肉をリラックスさせるウインクの運動や、視線を上下左右に動かし目の筋肉をストレッチすることで緊張を増やす運動などがあります。目の疲れや視力減退の原因はパソコンやスマートフォンなどにより視線が固定することにより筋肉が固まってしまうことによることがわかっており、これを解してあげることが非常に有効な方法となっているのです。

ただし視力が悪くなってきた場合や、ものの見え方に違和感を感じる場合には眼科検診の必要性を考慮しなければなりません。視力は加齢や健康状態などによっても変化するものであるため、眼科検診を受けることによりその原因を明確にすることができます。そのため目の愛護デーには無料で簡単な眼科検診を行うところも多く、これで違和感を感じたのになどは眼科医による検診を勧められることもあるため、病気の早期発見をすることが出来るのも非常に良い機会となっているのです。