淡路明人の健康ブログ!

花粉症対策

花粉症になる人が増えているため、対策グッズなども数多く紹介されています。様々な種類の花粉が飛散していますが、中でも多くの人を悩ませているのがスギ花粉です。ピークは一年の中で2月から3月にかけての時期で、花粉症を防ぐ生活習慣をすることも大切になります。 すでに発症している人は花粉症を防ぐ生活習慣を送らなければ、症状を悪化させてしまうため気をつけなければいけません。医療機関での治療を早めに受けることも大切なことになりますが、花粉を吸いこんだり体に付着させないことも重要なことになります。花粉が多く飛散する2月から3月にかけては、必要な時以外は外出を控えることも重要な対策の一つです。 仕事や用事などで外出する場合は、目や鼻に対するケアなどをすることを忘れないようにしましょう。目に対するケアとしては、花粉を防ぐメガネを着用すると内部に侵入することを減らすことが期待できます。かゆみなどを感じる時の目に対するケアとしては、アレルギー症状専用の目薬を使うことが大切です。一般的な目薬を使用しても、かゆみや腫れなどを改善することが期待できません。花粉症などのようなアレルギー症状に効果が期待できる目薬を用意し、説明書をよく読んで使うようにしましょう。 目薬以外の目に対するケアとしては、冷たく冷やしたタオルなどを目の上に置くとかゆみなどを軽減することが期待できます。コンタクトレンズではなくメガネを使用することも、目に対するケアの一つです。外出して自宅に戻った時は、市販薬などを使い洗うことも目に対するケアになります。外出する時は、目だけではなく鼻に対するケアも忘れてはいけません。花粉が多く飛散する時期に外出すると、体の内部に侵入して鼻やのどなどの粘膜に付着し炎症を起こすことが多くなります。 鼻に対するケアとしては、外出する時にはマスクなどを着用するようにすることです。室内にいる場合では、加湿器などを使うようにすると目や鼻などの炎症を防ぐことが期待できます。

By |2019-03-16T13:21:47+09:0003/16/2019|健康|0 Comments

季節の変わり目は健康管理に注意

季節の変わり目は健康管理に注意が必要で、体調が悪くならないように前もって備えておくことが肝心です。 体調を崩す原因はいくつかありますが、1つは気温の急激な変化に伴い体が追いつかなくなるものです。 春を迎える季節は特に、急に暖かくなったり再び気温が低下に転じるので、体調不良の症状が出やすいといえます。 夏場も具合が悪くなることはありますが、春に比べると気温はあまり変わりませんから、その対策は暑さだけで済みます。 しかし、春は暖かくなったり寒くなるので、その両方に対応する必要があります。 基本的には衣服の選択と重ね着が有効な対処法で、インナーには薄手のものを選び、アウターに掛けて厚みが増すように選ぶのがポイントです。 何時でも着脱が容易に行えれば、体調を崩す原因に遭遇したり体調不良の症状が現れる前に、防ぐことが可能となるでしょう。 案外寝具も体調に関わってきますから、寝心地に合わせて増減するのが得策です。 気温の他に気圧も体調を崩す原因の1つなので、雨の日は特に注意した方が良いと考えられます。 梅雨の時期は低気圧で雨が続きますから、頭痛や気分の落ち込みといった、体調不良の症状が頻発する期間です。 [...]

By |2019-03-16T12:35:41+09:0003/16/2019|健康|0 Comments