淡路明人の健康ブログ!

場所別 カビ・ダニ対策

場所別 カビ・ダニ対策 カビやダニは健康を害するものですが、取り組み方次第で対策を行うことができます。 基本的には通気を良くして、湿気を溜め込まないようにするのが効果的です。 キッチン キッチンは水を使う場所ですから、水滴が飛び跳ねたら拭き取って速やかに乾かしましょう。 特に、壁紙や木材はカビの温床になりやすいので、注意して対策する必要があります。 お風呂 お風呂場は入浴後に浴槽のフタを閉めたり、水で壁や床の汚れを洗い流し、換気扇を回すのがベストです。 石鹸カスや垢などはカビのエサですから、なるべく速やかに洗って落とすことが大切です。 [...]

By |2019-08-12T17:25:16+09:0006/23/2019|健康|0 Comments

梅雨の時期、カビ・ダニの繁殖時期

梅雨の時期、カビ・ダニの繁殖時期 梅雨の時期に発生しやすいカビやダニですが、いくつかの要素がそろうことによって、爆発的に繁殖していきます。その要素としては20度から30度の暖かい室温と70パーセント以上の湿った湿度、そして豊富な栄養です。これらの条件がカビ・ダニの好むものであり、梅雨の時期だけではなく、この条件さえそろえば時期を問わずに一年中大繁殖します。 カビ・ダニの繁殖場所としては様々な場所が挙げられますが、共通点としては湿気が多く換気不足の場所によく発生しやすいと言えるでしょう。毎日水を扱う場所では常に水分があり、特に発生しやすくなります。浴室や洗面所、台所などが該当します。そして天日干ししない布団などの湿気が原因で、押入れにもカビやダニは繁殖します。 また湿った靴をそのまま収納することで湿気がたまりやすくなり、下駄箱でも発生することでしょう。エアコンにも水滴がついて湿気が多くなるので、適度な掃除が必要です。敷きっぱなしの絨毯も湿気がたまりやすく、地盤面に近く常に湿気の多い床下は換気不足になると発生しやすくなるでしょう。特に床下にカビが発生した場合には、室内にも多くの影響を及ぼすことになります。 カビの胞子により気管支炎やぜんそくの発作、皮膚炎などが引き起こされることもあります。またダニはカビをえさとして繁殖するので、特に日が当らずに風通しが悪い湿気の多い床下は注意しましょう。カビが発生した場合にはすぐに取り除くことが重要です。   淡路明人の不動産ブログ 淡路明人のITブログ 淡路明人の車ブログ

By |2019-08-12T17:26:16+09:0006/17/2019|健康|0 Comments

高血圧の新指針

まず血圧とは? から説明すると、血圧とは血管内の血液が有する圧力のことです。 血圧の最高値とは心臓が血液を送り出すために心臓の筋肉を最も収縮させた時の圧力のことで、血圧の最低値とは心臓の筋肉が最も広がった時の圧力のことで最小血圧とも言います。 血圧が高い場合は高血圧となり動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの高血圧による疾病を防ぐには血圧は低めが良いとされてきました。 以前は最高値が140以上あれば高血圧とされてきましたが、近年では最高値と最低値の差がある場合も疾病のリスクがあることがわかってきており、日本高血圧学会は2014年から高血圧治療ガイドラインを新しくして対応しています。 新指針の正常血圧では成人における血圧の分類は6段階あり、最高値が120以下で最低値が80以下の血圧が至適血圧、最高値が120から129で最低値が80から84が正常血圧、最高値が130から139で最低値が85から89が正常高値血圧です。 これ以上は高血圧となり軽症のI度から中等症のII度、重症のIII度までの段階に分けた3段階があり、30歳以上の過半数が高血圧と言われています。 これらの6段階とは全く別のタイプで、動脈硬化の進んだ高齢者には収縮期血圧だけが特に高くなる孤立性高血圧という症状が起こりやすいので、注意が必要です。 最高値が140以上あり最低値が90以下の場合は孤立性高血圧の可能性が高く、投薬などの治療を受けなければなりません。

By |2019-06-01T07:56:09+09:0006/01/2019|健康|0 Comments