11月に多い病気と予防

11月に多い病気といえば、インフルエンザとノロウイルスです。これらにかかってしまうと仕事に行けなくなってしまったり、変苦しい期間を過ごさなければいけなくなってしまいます。今回はその二つの病気についての知識と、予防方法についてご紹介して参ります。 インフルエンザの症状は風邪とどう違う インフルエンザは風邪と紛らわしいですが、風邪の場合喉の痛みや鼻水くしゃみ咳が多く全身症状が少ないのが特徴です。全身症状とは例えば倦怠感やだるさや食欲不振といったことですが、インフルエンザのように発熱も重症化することが少ないのが、普通の風邪の症状。38°以上立ったり頭痛や筋肉痛、倦怠感が急速に同時に現れるようなことがあればインフルエンザの方を疑った方が良いでしょう。 予防接種の基礎知識について理解しておこう インフルエンザで仕事を休まなければいけなくなってしまうようなことを防いだりするためにも、予防接種をしっかりと受けるようにするのがおすすめです。完璧に防げるというわけではないですが、予防効果が高く期待できることは間違いありません。毎年流行るであろうウイルスの形を予想して作られるのですが、その予想がしっかり当たらなくても良質のワクチンであればしっかり予防できますし、社会全体に広がってしまうような事を仕ことができます。感染する確率を少しでも下げるために使う、というような認識を持っておくのが良いでしょう。流行る時期は11月から4月くらいまでですので、11月中には受けておくことが理想的であり、ワクチンの効果によって、インフルエンザウイルスから体を守れる期間は大体2週間後から5ヶ月程度とされているので、できるだけ早めに病院に行くようにしましょう。 ノロウィルスの症状は具体的にどのようなものか 乳幼児から高齢者まで幅広い年代層において、ノロウィルスは発生する可能性があります。ウイルス性の感染症です。長期的な免疫にならないため、何度もかかってしまう怖さがあると言えます。小腸の上皮細胞でウイルスが蔓延すると、運動神経の低下や麻痺が伴い腹痛や下痢吐き気嘔吐といった症状があります。発熱も37から38°と経度ではありますが少しあり、腹部膨満感といった症状が起こります。水溶性の下痢症状があったら、疑いましょう。 ノロウィルスの感染経路はどのようなものがあるか。 感染ルートとしては食品からや人の手から感染っていくという二つに分かれます。カキといった汚染されたものを十分に加熱せず消毒が甘い状態で食べてしまったりすることになります。カキの管理は最近はとても厳しくはなってきていますが、冬場は旬を迎えて食べる機会も増えるので、十分に注意するようにしましょう。それからヒトからヒトへの感染も起こりえます。接触感染や嘔吐物の飛沫が乾燥して空中に浮遊し、それを吸い込むことによっても感染ってしまう可能性がゼロではないのです。 ノロウィルスの3つの予防はいったいなにか [...]